CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<  2021 - 01  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
    処理時間 0.050294秒
あなたが   人目の訪問者です


マラパスクア島(Malapascua Island)旅行記 【前編】
マラパスクア島(Malapascua Island)へ家族で行ってきました太陽




まず、この島はいったい何処にあるのか?

クレタ島なら聞いたことあるけどって思う方もあるでしょう。
ギリシャ!エーゲ海の真珠と言えばピンとくるかな!
そう、クレタ島は地中海のギリシャの島々の中で最大の島です、南欧旅行が好きな方ならすぐに分かる名前です。
日本からの旅行者だとクノッソス宮殿観光だと思うんですが、北欧の方には夏のバカンスには欠かせないところ、ピンクの砂浜で有名なエラフォニシビーチとバロスビーチがあります、とても素敵なビーチです。

話しがそれてしまいましたが、マラパスクアもクレタにも負けない魅力がある島です。

南国リゾートで有名な、フィリッピン・セブ島の北に浮かぶ小さな島です。

白砂の浜辺が1キロも続き、空は真っ青、海は澄んだマリンブルー、まさに楽園です。



フィリピンには大小7,500もの島がありますので、セブの人でも知らないくらい?地図を広げてもどこにあるのか分からないような小さな島です。
最近まで電気もなかった!井戸を掘っても真水は出ません。
しかし、今では電気も点くしシャワーや飲み水に困ることはありません。


マラパスクアへの行き方!【前篇】

旅行者や留学生の一般的な行き方は、セブシティのマンダウエにあるノースバスターミナルからマヤ行きのバスに乗るか、バンをチャーターして行くことになります。


いづれにしても片道4-5時間はかかるので、早朝5時には出発するのがベストです。
料金はバスがだいたい200ペソ、バンだと1台5000ペソくらい交渉次第(^-^)


今回わたくしは、マイカーで行ってみました。車ダッシュ

わたくしの愛車、TOYOTA Vios




セブからマヤへ行くルートとしては北回りコースと、南側コースがありますが、お勧めは南側コースです。



わたくしの住むマクタン島(国際空港)からマヤ港まで、だいたい3時間くらいです。
道路事情が良いので、100キロ以上で飛ばせるところが結構ありました。
途中、SUBAのフェリーターミナルでトイレ休憩。

変わったミニチュアがたくさんある、ショッピングモールがありました。



ほとんど走りっぱなし、マヤ港到着。


そこからバンカーボートでおよそ50分、マラパスクアの砂浜へ到着します!(^^)!



 港とは言い難いです。

バンカーボートは朝7時から30分おきに出ることになっているのですが、お客が少ないと定員(約20人)になるまで出向しません。
料金は一人100ペソ、今回はお客が少なかったので追加料金を支払う羽目に!おひとり様50ペソ取られました、乗客8人の貸し切りになりました。
到着しても遠浅の為、バンカーボートは浜辺まで、そこから小舟に乗り換えて砂浜まで、渡し船料金がお一人様20ペソです、うまくできていますねー(>_<)


マラパスクアをお勧めする理由!

フィリピンでも屈指の透明度を誇る海!
世界中からニタリザメ(オナガザメ)、ハンマーヘッドシャークを求めてダイバーが集まります。




シュノーケリングにも最高です。

1キロにもわたる白亜の砂浜、波打ち際にゴミやペットボトルはありません、みなさん裸足で散歩したりジョギングを楽しんでいます。
夜空には満天の星、セブでは見ることのできない☆星空です。
公共交通機関も無いので渋滞も無し、喧騒も無し。たぶん交通事故もない。
移動手段は、徒歩またはバイクタクシー(ハバルハバル)もしくはレンタルバイクです。
海上移動はバンカーボートをチャーターすればOK.
テレビはありませんので、読書三昧。(衛星放送は別)


ショッピングやレストランで食事を楽しみたい方には不向きかもね。

今回は1週間の滞在でしたが、できれば1か月は滞在し、自分でウニを取り、腹一杯食いたい。(紫ウニがいくらでもいます)

魚もいっぱいいますので、釣ってバーベキューパーティーやりたーい☺☺☺


【後編】では、島内の楽しみ方をご紹介します。

| miraisouzou | 12:51 | comments (0) | trackback (0) | 俺流セブ島ぐらし |
コメント

コメントする








この記事のトラックバックURL
http://ctc-230148001206.kir.jp/tb.php/2
トラックバック